カテゴリー

Ayurveda

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは?

古代インドに起源をもつアーユルヴェーダでは2000年前から、病気の治療だけでなく、人々が幸福で有益な長寿を生きるための健康増進法が体系化されています。これは中国伝統医学で言われてきた治未病システムと同じ考え方です。

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた「生命科学」という意味で、五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。

瞑想やヨガ、オイルマッサージ、呼吸法、ハーブを用いた食事療法などで、毎日の生活に取り入れて、病気を予防し、心と体の健康を保つことを目的としています。

アーユルヴェーダでは、「ドーシャ」と呼ばれる3つの要素「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」が私たちの心身の健康を支配していると考えています。

また、この3要素のバランスによって一人ひとりの体質がきまります。

不調が生じたとき、体質ごとに対処法が異なるので、まずは、自分のドーシャバランスを知ることが大切です。

アーユルヴェーダはより健康に、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった日常生活に関わるものから生命そのものまでを科学する医学でもあるのです。

身体に働きかけるエネルギー「ドーシャ」

アーユルヴェーダでは、自然のエネルギーから体が構成されていると考えられていて、そのエネルギーを「ドーシャ」と呼んでいます。「ドーシャ」とは、「不純なもの」「病素」という意味があり、私たちの体に起こる様々な現象や体調の変化に関係しています。アーユルヴェーダでは、この「ドーシャ」がバランスの取れた状態を健康と位置付け、バランスが崩れると健康を損なう状態になると考えられています。

食べ物にもドーシャがあり、自分の体質に合った食べ物を適切に取れば、それが薬にもなり、滋養にもなるのです。

またオイルマッサージはドーシャを整えるだけでなく、体内の浄化・デトックスも行います。

アーユルヴェーダの基本。3つの「体質」

私たちの体を構成するドーシャとは、「ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)」の3つのエネルギーです。この3つのバランスが取れている状態がベストなのですが、それは季節による体調の変化や、心身の状態、個人の性質によって差が出てくるものなのです。

関連記事

  1. 食べる
  2. Kampo 漢方
  3.  
  4. About HD
  5. Products 追跡レポート
  6. e-learning「HD 10minutes」
  7. Sleep 睡眠
  8. HD Channel

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP